シニア派遣ビジネス広がる(フジサンケイビジネスアイ)

会社を定年で退職した人など「リタイア世代」に働く場を提供するビジネスが、広がりを見せている。60歳以上を対象としたシニア派遣事業の草分け、高年社(東京都千代田区)にヒントを得た取り組みが、静岡県など地方でも始動。生涯現役を目指し、高齢者の働く場と生きがいをつくり、健康維持にもつながるビジネスの拡大は、労働力不足や医療費高騰といった少子高齢社会が抱える問題の解消に向けた一助にもなりそうだ。

2014年2月21日

PDFファイルはこちら

掲載日:2014.02.21

カテゴリー:

ページトップ